トップページ > 依頼するメリット

改正省エネ法
省エネ法の手続き
判断基準・管理基準
エネルギー使用状況届出書
中長期計画書と定期報告書
エネルギー管理統括者
よくあるご質問
省エネ法、改正省エネ法
会社案内
依頼するメリット
お問合せ
行政書士スタッフ紹介


行政書士 スタッフブログ

行政書士 無料相談



新宿オフィス 新宿駅

秋葉原オフィス 秋葉原駅

名古屋オフィス 名駅

大阪オフィス 西梅田駅

プライバシーポリシー・免責


改正省エネ法


当社へ改正省エネ法の申請をご依頼いただいた場合のメリット

1.スピード対応で1日でも早く申請できるよう準備します

省エネ法、改正省エネ法本年度は、使用状況届出書が7月末日まで(来年度からは、5月末まで)、定期報告書と中長期報告書が11月末まで(来年度からは、7月末まで)に届出をしなければなりません。
期日が迫って対応に苦慮されているクライアントの皆様に代わってスピード対応いたします。

↑このページのTOPへ

2.申請代行で面倒な申請業務を削減します

省エネ法、改正省エネ法 クライアントの皆様には本業に専念していただけるよう、当社で申請の書類作成・提出を代行いたします。

↑このページのTOPへ

3.申請後、毎年提出が必要な書類の作成もサポートいたします

省エネ法、改正省エネ法特定事業者(又は特定連鎖化事業者)は、「中長期計画書」及び「定期報告書」を毎年度7月末までに(来年度以降、今年度は11月です)本社の所在地を管轄する経済産業局と、工場・事業場が行う事業の所管省庁に提出する必要があります。

毎年、必要になる書類の作成もサポートさせていただきます!!

↑このページのTOPへ

4.初回のご相談は無料となっています

省エネ法、改正省エネ法 改正省エネ法の申請や作成書類について何から手をつけたらいいかわからない方や申請に割ける時間がないなどの方は、当社にメールかお電話にてご相談ください。
初回のご相談は、無料になっておりますのでお気軽にご相談ください。

↑このページのTOPへ

   Copyright (C) Support Solicitor Office. All Rights Reserved.